福岡市 南区 動物病院

施設案内

受付
受付
第1診療室
第1診察室
手術室
手術室
第2診療室
第2診察室
集中治療室(ICU)
  

酸素濃度や温度を調節できる入院室です。重篤な動物の集中治療や術後管理に使用します。

犬入院室
大型犬用ランゲージ
猫入院室

設備機器紹介

歯科超音波スケーラー

歯石の除去や歯根膜の剥離に用います。

電気メス

手術の際に、軟部組織を止血しながら切開する装置です。

血管シーリングシステム(LigaSure)

血管や組織を迅速にシーリングする装置です。より微細な組織や血管の閉鎖を行うバイポーラも接続できます。手術時間の短縮やより確実な手術が可能となります。

全自動血球計算器

血液中の赤血球、白血球、血小板などを測定します。

電解質検査機器

血液中のナトリウム,カリウム,クロールを測定します。

生化学自動分析装置

血液中のタンパク、血糖値、腎臓や肝臓の状態などを調べることができます。

超音波診断装置

内臓の形態や動き、心臓の血流などをリアルタイムで評価します。

電子内視鏡装置

食道、胃、腸などを評価し、病変の採取や異物の摘出などを行います。

デジタルX線画像診断装置

撮影したレントゲン画像を即座にPCモニターに映し出す装置です。骨や関節、様々な臓器の形態や位置関係などを把握し、拡大機能や計測機能によってより正確な評価が可能です。

整形外科用ドリル(Surgic XT Plus)

骨折や脱臼などを整復する際に必要な機器です。

体圧分散・温風マット

体圧を分散しつつ微風温風を送気し、手術時の体温を効果的に保持します。特に、猫や小型犬の手術、長時間の手術に必要です。

尿分析装置/尿比重屈折計

尿のpHや比重、タンパクや糖などを分析し、膀胱や腎臓の状態、体液状態などを調べる機器です。